<em>単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活</em> <b>♥</b>: 兵庫県 播州


アカメが釣りたい!
単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活


0  ■スポンサードリンク

2009年09月18日

2009年 9/14〜9/15 揖保川

揖保川 ウナギ2009.jpg 揖保川 釣果2009.09.14.jpg

はあぁ・・
ウナギが釣りたい、ナマズが喰いたい。

できれば少しでも近場がいいな。
揖保川でも行くか?

19:30ごろに満潮迎える
今日は若潮だが、満潮時の潮位はおおよそ170cmある。

うまくいけば、スズキの1本ぐらい釣れる。
そして、同時進行でエサ釣りだ。

よし、まずはミミズの調達だね。
いつも現場で調達しようとして失敗する。

今日は、大阪近辺で先に調達してから行くことにしよう。
さて、どこで探そうか?

今まで、探したことがない。
やはり淀川周辺か?

私の住んでる近辺の淀川左岸には、梅雨どきなどにはべちゃべちゃになる場所がある。

周辺には葦が茂っている。

ちょっとした湿地になっているのか?
この、乾燥した時期にはどうなってるのだろう。

早速行ってみよう。

現地に行くと、いかにもミミズがいそうな感じだ。
周辺を掘ってみる。

ほう・・・いるでないかい?
間違いない。

約2時間がんばった。
誰かほめて・・・

淀川周辺ミミズ.jpg

さ、 エサの調達は完了した。
次に、針の準備だ。

最近の糸付の針は値段が高い。
6本〜7本入って150円以上。

はあ?なめてんのか?
自分で結ぶワイ。

今回使用の針は流線10号だ。
100本でおおよそ300円。

1本3円だ。
ハリスは、3.5号。

20本ほど結ぶ。
ハリスの長さはおおよそ30cm。

長くはいらない。
からんじゃうだけ。

さあ、準備は整った出発だ。
現地に15:30ごろ着いた。

川の様子を眺める。
前回来たときより若干水量が多い感じだね。

まだ時間はある。
さらなるミミズの調達を試みよう。

それらしい所を数カ所探す。
おおぉ!いるじゃあないかい?

無事に、生息する場所を発見じゃ。
早速、捕獲作業開始だい。

ミミズも種類によって住み分けがあるようだ。
普通ミミズと思われるミミズは、地表から少し掘った所にいる。

さらに掘り下げていくと、ややグレーがかったミミズがいる。
そして、トバミミズは表層近くにいます。

意外と草ムラのような所にいるようです。
いやあぁ〜大阪より濃いね。

しかし、この時期にドバミミズが確保できるとは。
ありがたいな。

大量にミミズの追加ができました。
さて、河口の様子でも見に行きましょうか?

揖保川河口付近2009.09 (1).jpg 揖保川河口付近2009.09.jpg

揖保川河口はウナギの釣果をよく聞く所だ。
しかし、マトが絞れないんだな。

個人的に嫌いなパターンだ。
やはり、少しでもマトを絞れる方が良い。

上の方で釣るか?
現場付近に車を止め時刻を確認するともう17:30だ。

さあ、まずはルアーの準備から・・・・
って、ルアー忘れた。

エサ釣り準備に没頭し、肝心のルアーを忘れとる。
さて、どうしたもんか?

やはり、最小限のルアーを調達しよう。
近くの釣具屋に行きルアーを物色。

品揃え悪すぎ。
誰がこの品揃えを考えたのか?

さらに、隣の釣具屋に行く。
ルアーの品揃えは・・・さっきと同じじゃ。

致し方なく、その中から2本購入。
その即効で現場へ戻る。

そそくさと準備しポイントへ向かう。
ひとまず魚道周辺に釣り座を構える。

エサ仕掛けを4本投入し、ルアーを流れに流す。
しかし、反応は無い。

しばらくルアーロッドを置き、エサ釣りのスタイルを確立させよう。

ここは手前に障害物が多く、竿なし仕掛は向かないようだ。
やはり、竿釣りが有利だね。

ポイントに近い場所は足元に水が流れており、置き竿にすることができない。
ここでは、複数の竿を出しての釣りは出来ない。

どうしてもやるなら三脚や重しなどの装備が必要になってくる。
でも、そんなものは持ってきていない。

よって、右岸の石垣〜草むら周りを釣り座としよう。
しかし、ちょうど満潮時刻と重なっているため想定した釣座も水没している。

まったく釣りづらい。
仕掛けを投入し、竿先に鈴をつけ草むらに立てかける。

現在、バスロッド2本の構成だ。
さて、改めてルアーでも投げよう!

しばらくルアーを投げるがやはり反応がない。
仕方ねえ、シーバスロッドもエサ仕様に変更だ。

さあ、3本投入で魚信を待つ。
いやあぁ〜淡水域の夜釣りはなんだか独特のものがありますね。

そして、ほどなく魚信が出ます。
チリン。

ギギです。
ほう、ギーギー言ってる。

うひっ。
淡水魚は若潮も関係ないか?

しばらくは当たり連発。
でも、ギギ。

そして、小型ながらもナマズがHIT。
やったね。

喰いたかったんだ。
ナマズ。

うれピィ〜

そして、ひときわ激しいアタリが・・・
竿が大きく揺れています。

あんじゃあ?
あんりゃあ〜良く引くだ。

走り回ります。
んで、なんとか確保完了!

巨大なナマズでした。
喰いがいのあるサイズだ。

うひっ!
フヘヘヘっ!

20時を回るころには、ウナギもHIT!
でも、小さい。

揖保川 ウナギ2009.jpg

なかなかにぎやかだ。
しかし、水が引かんなあぁ。

干潮時刻は、2:00頃だ。
現在21:00過ぎ。

さっきから、水が少し引いてはまた満ちて・・・を繰り返している。
潮位の上下は必ずしも一方方向だけでは無い。

下げ潮でも、引いたり満ちたりしながら引いていくのだ。
これは、上げ潮でも同様。

でも、さすがに21:30頃にはやや引いてきました。
やれやれ、やっと石垣の上に竿を並べることができるワイ。

で、一息ついているとガラガラと竿ごと持って行かれます。
ありゃぁ〜なんじゃこりゃあ?

結構、強烈に走り回ります。
巨大なナマズか?

ウナギはこんな走り方しないよな?
淡水おちゃらけエサ夜釣りでドラグが鳴きます。

ジュぃ〜〜〜〜
やっと近寄ってきた。

なんかでかい。
ナマズか?

タモに入れる。
ニゴイじゃ。

揖保川 ニゴイ2009 (1).jpg

痩せてはいるが、美しい魚体だ。
計っちゃいないが、70cm近くありそうだ。

良く引くわけだ。
ニゴイも喰ったこと無いな。

旨いかな?
喰ってみたい。

しかし、もうナマズにギギにウナギを確保している。
こんな巨大なニゴイ・・喰いきれん!

フラシにも入らん!
涙を飲んでリリース・・・さいなら。

その後、小型のウナギを2本追加。
徐々に水位が下がってきました。

なんか、エサが取られるようになってきました。
また、アタリがあっても乗らないようになってきた。

そして、最悪の場合切られているときがある。
どうしたことか?

こうなると、こまめにエサの状態をチェックする必要がでてくる。
3本の仕掛けをせわしなく回収しちゃあ投入を繰り返す。

そのうち、何かが引っ掛かってきた。
モクズガニだ。

犯人はコイツか?
だとすると、相当数のモクズガニが生息していることになるな。

しまった、カニカゴ持ってくりゃあ良かった。
だが、嘆いても仕方がない。

しかしこの淡水夜釣りの獲物たち、いいアタリするな。
かなり激しい。

ドキドキしちゃいます。
さあ、2:00を回った。

そろそろ撤収を考えなければ。
気のせいか、アタリの数も減ってきた。

でも、エサはまだある。
こうなりゃあぁ大盤振る舞いじゃい!

これでもかっ!ってくらいにミミズをてんこ盛りにして投入。

ガックンガックン!

おおぉ久しぶりにまともなアタリだ。
おりゃあ!

ゴンゴンゴン!
おっ?いい型だ。

でかいウナギかい?
ナマズじゃ。

その後、10cm級のギギが釣れるのみ。
やっとエサが尽きた。

3:00、撤収〜



下記↓から他のソルトルアーシーバスのブログが探せます!
疑似餌的海釣り大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ  にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←クリックしてみなっせ!


インターネットでお買い物!
かなり多くの品揃え(釣具意外も)があり充実しています。
アウトドア&フィッシング ナチュラム ←クリックしてみなっせ!

検索で、リールのパーツやスプールなども探して購入することも出来ます。
一度、購入の選択肢としてご覧になってださい。
検索機能をフル活用するのがコツです。

アフィリエイトならリンクシェア

0スポンサードリンク



posted by ラテスJP at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 播州