<em>単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活</em> <b>♥</b>: 2017年1月24日 四万十川河口周辺


アカメが釣りたい!
単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活


0  ■スポンサードリンク

2017年05月07日

2017年1月24日 四万十川河口周辺

2017年1月24日 四万十川河口周辺 (5).jpg 2017年1月24日 四万十川河口周辺 (3).jpg

さあ、先回ヒラメが釣れましたからね。
また行かねばなるまい?

そんな事無い?

実績も出来たし、小魚もたくさん居たし・・・
これで釣れない訳が・・・・あるかも。

しかし、行かねば釣れない。
それが釣りってもんだ。

んだんだ。

道中の天気はちょっと怪しい・・・・
いや、基本的に冬型なんでこんなもんか?

2017年1月24日 四万十川河口周辺 (2).jpg

潮まわりは中潮。
ざっくり言えば、満潮前後からの下げ潮を狙います。

さあ、さっそく中筋川方面を探ろう・・・・
ん?

ん?

2017年1月24日 四万十川河口周辺 (5).jpg

爆風だ・・・・・
こりゃいかん。

まともにルアーが飛ばせない。
というか、ラインも風にあおられ操作がとってもしにくい。

仕方ない、風裏になる四万十川方面に向かって投げる事にしよう。
船道のある場所から徐々に上流へ移動することにする。

メタルジグを投げるも、広範囲な浅場なのですぐにルアーが底をすります。

そして、海藻がくっついてくるんですな。
タチが悪い。

2017年1月24日 四万十川河口周辺 (6).jpg

ルアーが底を擦った瞬間、以降のリトリーブは断念だな。
浅場は立ち込むか、飛距離を上げるしか手が無い。

しかし、中途半端な潮位ゆえ立ち込んでもそんなに効果は出ないね。
ならば飛ばすしかあるまい?

ひたすらメタルジグ系を投げる。

上流へ徐々に移動していくと、手前にやや水深が出てきた。
そろそろミノーに代えるべ。

ルアーをミノーに変更し、キャストを継続。
船が溜まっている周辺に近づいてきた。

やはり船が係留される場所は少し水深のある場所なんだな。
ふんふん。

そして、やや早めなリトリーブに何やらHIT。
おおぉ、かなり手応えがある。

大型のヒラメか?
が、水面でバシャバシャいってる。

こりゃスズキ系だな・・・・
結構引きが強いな。

もしかしてアカメか?
淡い期待を抱く。

しかし、さすがにアカメでは無かった。
普通にスズキちゃんさ。

2017年1月24日 四万十川河口周辺 (3).jpg

やったぁ。
型もまあまあだな。

ま、良しとしよう。

その後、風も収まって釣りやすくなったものの・・・・
追加は無かった。

結構ねばったのにね・・・
残念。

2017年1月24日 四万十川河口周辺 (7).jpg

で、帰りに宿毛の大島周辺でコモンフグ狙い。

2017年1月24日 四万十川河口周辺.jpg

イカエサ&PEハリスで複数GET。

2017年1月24日 四万十川河口周辺 (4).jpg

コモンフグなんか釣ってどうすんのかって?
それは言えませぬ。



釣道具を買うならアマゾンを必ずチェックだ。
リール等、一般店舗より安い事多々あり。
発送も早い。アマゾンはすごい。

アウトドア&フィッシング ナチュラム
ナチュラムはかなり多くの品揃えがあり充実しています。
でも値段は普通で送料がかかる。モノによって利用すべし。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ  にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←クリックしてぇ〜

上記↑から他のソルトルアーシーバスのブログが探せます!
疑似餌的海釣り大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
地元の釣りブログを探して見よう。


【おいらの”喰っちゃあいかんのか?”と”?PARTU”はこちら】
喰っちゃあいかんのか? 喰っちゃあいかんのか?PARTU

【その他】
アカメ釣り入門 ヒラスズキ 釣り入門.jp
シーバスの釣り方入門 カサゴ 釣り入門
posted by ラテスJP at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高知県 西部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック