<em>単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活</em> <b>♥</b>: 2016年10月18日 四万十川アカメ狙い他


アカメが釣りたい!
単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活


0  ■スポンサードリンク

2016年11月18日

2016年10月18日 四万十川アカメ狙い他

2016年10月18日 四万十川アカメ狙い他 (1).jpg 2016年10月18日 四万十川アカメ狙い他 (6).jpg

さあ、しつこく四万十川へ出撃さ。
今年はまだ1度もHITが無い。

今回も浅場へ出撃。
今日は干潮前後狙いだ。

干潮時刻は翌2:00少し前。
深夜の釣行になりまする。

ホントは少し深いポイントに入りたいけどまた雨が降って増水気味なんだな。

だから流れの影響を受けにくい右岸のシャローへ行くのだ。

勿論、期待は薄い。
でも行かねば釣れない、それがアカメ釣り。

もっとも、どんな釣りでも行かねば釣れない。
さて、そろそろ始めましょうか。

今夜も月が明るい。

2016年10月18日 四万十川アカメ狙い他 (2).jpg

闇夜が良いのか?月夜が良いのか?
個人的なサンプルが少ないので良くわかりません。

でも、もしかしたら様々な記事をかき集めれば傾向が分かるかもしれない。

しかし、魚というのは喰わねば痩せるのよね。
だから丸一日エサを喰わないって事は無いはず。

あったとしても、意図して喰わなかった訳では無く、喰えなかったのだと思う。

大型の魚ほどその魚体を維持するためにそれなりのエサが必要になる。

日本人のように、周辺食い物だらけでいつでもエサが喰えるって事もあるまい。

だからチャンスがあればエサを喰うハズなのだ。
エサを喰おうと思った時にルアーが目の前にあれば喰ってくるのだ。

違和感がない限り。

生命の維持には喰わないといけない一方で、危険も回避しなければならない。

変なモノに手を出せば生命の危機に陥るかもしんない。
魚類は本能的にそれを回避すると思われる。

魚の脳なんてちっぽけなもんだから、深く考える事はできまい。

ルアーで魚を釣るには、この危機感を上回る食欲を誘発させるか、喰いっ気の高い個体に遭遇するしかない。

アカメの場合、個体数が少ないから余計に難しい。

アカメの実績の高いポイントは恐らく喰いっ気のある個体の回遊頻度が高い場所なのだろう。

それはエサ場である可能性が高いのでは無かろうか?
魚はエサ場で釣るのが一番簡単。

同じ魚が回遊する場所であっても通過点ではなかなか釣れない。
やはりエサ場が一番。

でも、そのエサ場を探すのが一番難しい。
実績から判断するのが賢明かもしんない。

でも、新規ポイント見つけたい。
横並びでキャストするのはイヤ。

って事で色んな場所で竿を出したもんだが・・・・
今もって高確率な釣りにならない。

うううう・・・・
で、今回も不発だった。

2016年10月18日 四万十川アカメ狙い他 (1).jpg

やはりマイナス要因しかない状況下では余計に難しいか?
でもね、確率は決して0にはならない。

3:30、撤収〜

2016年10月18日 四万十川アカメ狙い他 (3).jpg

ではなくて、移動。
下ノ加江川へいくだ。

何と言っても増水中なのさ。
8:00過ぎが満潮時刻。

まだまだ時間は早いが、先回潮位が低い状態でHITしたもんね。
何か釣れそうな気がする。

確率の高い釣りはいいね。
さあ、さっそく始めよう。

まずはTOPかな。
とりゃっ!

ん?時折何かアタックしてくる。
でも、かなり小さくまったく乗らない。

ルアーを変えよう・・・・
タックルハウスのモーキン。

浅場ではちょっと使いにくい。
クイッっとやって流す・・・・・・

”ゴンッ!”

おっし、掛った。
やったね。

そして無事にキャッチ。
むふぅ〜

2016年10月18日 四万十川アカメ狙い他 (4).jpg

しかし、連チャンするほど甘くは無い。
夜が明けて来た。

やはりちょっと沈ませるルアーが良いのか?
ではライジングミノーをば。

コイツはシンキングってのが良い。
これもクイクイやって流す・・いや沈ませる。

しばし流れの周辺を探る。

”ゴンッゴンッゴンッ!”

おおっと、来た来た!
流れの中でもがいています。

フックが小さいから若干の緊張感がありますな。
でも、無事にキャッチだ。

2016年10月18日 四万十川アカメ狙い他 (5).jpg

その後、反応がなくなる。
こんなに釣れそうなのに、反応が無い。

2016年10月18日 四万十川アカメ狙い他 (7).jpg

やはり、浅場の日中は苦しいか?
8:00、撤収〜

帰り道にムカゴを発見し、採取。

2016年10月18日 四万十川アカメ狙い他 (8).jpg

喰いもんGETだ。



釣道具を買うならアマゾンを必ずチェックだ。
リール等、一般店舗より安い事多々あり。
発送も早い。アマゾンはすごい。

アウトドア&フィッシング ナチュラム
ナチュラムはかなり多くの品揃えがあり充実しています。
でも値段は普通で送料がかかる。モノによって利用すべし。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ  にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←クリックしてぇ〜

上記↑から他のソルトルアーシーバスのブログが探せます!
疑似餌的海釣り大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
地元の釣りブログを探して見よう。


【おいらの”喰っちゃあいかんのか?”と”?PARTU”はこちら】
喰っちゃあいかんのか? 喰っちゃあいかんのか?PARTU

【その他】
アカメ釣り入門 ヒラスズキ 釣り入門.jp
シーバスの釣り方入門 カサゴ 釣り入門
posted by ラテスJP at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高知県 西部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック