<em>単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活</em> <b>♥</b>: 2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い


アカメが釣りたい!
単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活


0  ■スポンサードリンク

2016年11月12日

2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い

2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い (9).jpg 2016年9月19日 松田川.jpg

もうね、ずぅ〜っと増水気味なの。
そして、9月も今日で終わり。

行かねばなるまい?
そんな事ない?

流芯付近を狙うアカメ釣りはやるだけムダな感じなので、今回は右岸のシャローエリアに行ってみよう。

夕方に満潮を迎えるから、この満潮前後は下ノ加江川でスズキでも狙おう。

んだんだ。

満潮時刻は18:00少し前。
その潮位は200cm弱。

スズキはもらったようなもん?

早速出発だいっ!
が、出遅れる。

ちきしょう。

17:30頃、現地へ到着。
もう少し早めに始めたかった・・・・

しかし、この状況を見て心ウキウキ。
こりゃ釣れるべ?

2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い (9).jpg

ここも大型は釣れない。
しかし、魚種を問わなければかなりのHIT率。

今まで他の釣り人に遭遇した事は2度しかない。
なぜ来ないのか不思議。

さあ、早速始めよう。
久しぶりにレッドペッパーjrを使おう。

2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い (8).jpg

まずは足元の流れの落ち込みを・・・・・
ツンツン・・・ツンツン・・・

”ガボゥッ!!”

おおっと、いきなりHIT。
やったぞなもし。

で、無事にキャッチ。

2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い (7).jpg

そして、位置を替え再度・・・
ツンツン・・・ツンツン・・・

”ガボゥッ!!”

っと出たが、ハズレ。
スズキがこっちをにらんで反転。

直前で見切った感じだな。

時折、ウグイだかアユだか堰の上に跳ねあがってきます。
おお、コイツらを喰うのか?

さあ、流芯の白泡周辺を探ろう。
メインディッシュですな。

あ、それっ!

”バシュゥッ!!”

くっそ、乗らん。

あ、それっ!

”バシュッ!!”

ゴンゴンゴンッ!
おっし、掛った。

無事にキャッチだ。

2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い (6).jpg

その後、複数回出るものの・・・
掛らんっ!

ま、型が小さいからかもしんない。
その後、何とかセイゴクラスを追加。

2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い (5).jpg

日が暮れてミノーへ変更。
レーベルミノーを使用。

飛距離はいりませんからね。
これまたポツポツ当たるもののなかなか掛らない。

しばらくして、何とか1匹キャッチ。

2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い (4).jpg

結果、4匹キャッチ。

2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い (3).jpg

さあ、四万十川へ移動だ。
ま、少し時間が早いけど、現地で少し休もう。

次は干潮前後狙いさ。
干潮時刻は0:00過ぎ。

21:00にはスタートだな。

河原で準備を整え、仮眠。
んごぉ〜〜

おっと、いけねぇ。
若干寝過ごした。

2016年9月19日 松田川.jpg

さあ、さっそく始めよう。
現在時刻は22:00前。

状況はそれ程流れは無く、時折ボラが跳ねる。
水面の水は味覚的には淡水。

水はわずかにササ濁りな感じ。

釣りをするのに物理的なストレスはほぼ無い。
しかし、地形を把握できていないので、手探りになる。

今日はそんなに潜らないルアーを使おう。
投点を変えながら地形を妄想していきます。

ボラが跳ねれば念のためキャスト。

しばらくして、やや斜め右に向かっているゆるい流れに気づく。
ゆるい流れにルアーを乗せても岸に張り付かないんだな。

しばしそこで粘る。

変化があるからって、必ず魚が釣れる訳では無い。
でも、何も無い場所よりマシ。

と、何やらゴワゴワとした感触が伝わる。
ん?なんじゃこや?

グイっと竿をあおると魚っぽい感触。
お?ゴンゴンいってる?

おりゃおりゃっと追い合わせすると魚の重量感が伝わる。
おっし、魚だ。

アカメか?
にしては、走らないな。

重量感はあるものの、激しい抵抗はありません。

魚が近づいてきた・・・・
おや?

ヒラメではないか?
ソコソコに大きい。

タモ入れ、タモ入れっと・・・
うんしょっ。

おっし、入った。
やったぁ〜

と、網に入った途端に暴れる。
激しく暴れる。

何を今さら。

とりあえず車の位置まで持っていく。

2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い (2).jpg

〆て発砲ケースに収納し、ポイントに戻る。

しかし、降雨による増水で塩分濃度が下がっているだろうに。
しかもシャローエリアだからかなり塩分濃度が低い場所に居たはず。

不思議だねぇ。
ヒラメも実は淡水に強いのか?

分からんなぁ。

でも、何だ、狙って釣れる感じではないのが残念だね。
日中に狙えば釣れたりして?

むむむ・・・・

さあ、キャストを再開しよう。
ボラはソコソコにいるようだが、アカメのアタリはありません。

結局、粘ったものの何の追加もありませんでした。

2016年9月30日 下ノ加江川〜四万十川アカメ狙い (1).jpg

1:30、撤収〜
ちなみに、ヒラメは67cmでした。



釣道具を買うならアマゾンを必ずチェックだ。
リール等、一般店舗より安い事多々あり。
発送も早い。アマゾンはすごい。

アウトドア&フィッシング ナチュラム
ナチュラムはかなり多くの品揃えがあり充実しています。
でも値段は普通で送料がかかる。モノによって利用すべし。

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ  にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ ←クリックしてぇ〜

上記↑から他のソルトルアーシーバスのブログが探せます!
疑似餌的海釣り大好きな方は必見!
カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
地元の釣りブログを探して見よう。


【おいらの”喰っちゃあいかんのか?”と”?PARTU”はこちら】
喰っちゃあいかんのか? 喰っちゃあいかんのか?PARTU

【その他】
アカメ釣り入門 ヒラスズキ 釣り入門.jp
シーバスの釣り方入門 カサゴ 釣り入門
posted by ラテスJP at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高知県 西部
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443805566

この記事へのトラックバック